今日は何の日

itabasi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 24日

永本壹桂被告の“素性”

http://www.mail-journal.com/
http://archive.mag2.com/0000017208/20121024111117000.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2012/10/24 No.657  週刊メールジャーナル  読者数9899(前回)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●安倍元首相との写真が流出し改めて注目される永本壹桂被告の“素性”
(会員制経済情報誌『現代産業情報』10月15日号より転載)

田中慶秋法相に続いて、安倍晋三元首相の暴力団スキャンダルが飛び出した。

安倍元首相と「山口組の金庫番」と呼ばれたこともある永本壹桂被告と、ハッ
カビー元州知事とのスリーショット写真である。

自民党総裁選に勝利、「首相に最も近い男」といわれる安倍氏に降りかかった
疑惑だけにインパクトがあった。

報じた『週刊ポスト』(10月15日発売号)によれば、在日韓国人で朝鮮大学を
卒業した永本被告は、拉致問題に熱心な安倍氏のもとをハッカビー氏とともに
訪れ、解決に一役買いたかったのだという。

会ったのは一度だけで献金もしていないと強調、日常のつきあいを否定した。

永本氏に限らず、安倍氏の周辺には在日関係者が少なくない。


それは父親の安倍晋太郎元外相の頃からで、山口県下関市内の600坪の自宅と市
内の地元事務所は、帰化したパチンコ業者からの賃貸。かつて「パチンコ御殿」
と報じられたこともある。

そうした人脈は安倍氏に受け継がれた。

「北、南を問わず、安倍事務所とつきあいのある在日は少なくない。朝鮮半島
が下関に近く、在日が多いせいもあるが、地元事務所には清濁併せのむような
タイプの秘書が多く、誰とでも付き合ってしまう。なかでも2人の在日は、帰化
していて献金等に問題はないものの、はんぱではない支援をしている」(地元
政界関係者)

永本被告に安倍氏を紹介したのも、在日の安倍後援会関係者だったという。

それにしても永本被告は、アントニオ猪木、朝青龍などプロスポーツ選手、芸
能人、歌手などのタニマチとして知られるものの、一切、表に登場したことは
ない。

また、ボロ株を操る「増資マフィア」に高利で資金を貸し付ける金融業者だが、
今年3月、貸金業法違反で逮捕されるまでは、事情通の間で知られる「カネ貸し」
でしかなかった。

ただ、今回の報道で改めて注目される永本被告の“素顔”は、貸金業違反事件
の公判で、次々明らかになっている。

10月11日、東京地裁で開かれた公判に出廷した永本被告は、山口組系古川組の
古川恵一組長との関係が25年に及ぶことを認めたうえで、数千万円を貸し付け
る一方、組長就任祝いに数百万円、冠婚葬祭や誕生日にはカネを渡していたと
いい、こう釈明した。

「古川さんは貸したカネを返済する際、必ず利息を上乗せする。従って、それ
を“義理”の時に返そうと思った。今、考えると、とんでもないことだと思う
が、古川組の威力を借りて、資金を回収していたつもりはない」

また、近年は、弘道会系司興行の森健次会長との関係が取りざたされているが、
少なくとも、貸金業法違反に問われた井上工業事件では、仕手の西田晴夫氏
(故人)への貸し金の回収を図ろうとした時、森会長の周辺者として知られる
N氏が登場、「山口組弘道会がバックについていると思われた」と、むしろ威
圧された側だと主張した。

永本被告にも言い分はあろうが、暴力団組長への恒常的な資金提供は論外で、
今後、事業再開は難しい。

本人もそれは承知、国税、地方税、固定資産税などに延滞税も加わっている状
況を改善しようと、すべての資産を売却して返済に充て、神商を中心にペーパ
ーカンパニーも含めれば数十社に達していた「虎の門グループ」を解体、ほと
んどの会社を清算している。

資産も売れるものは売る方針で、既に、簿価30億円以上といわれる絵画や焼き
物は売却を進めており、不動産についても山中湖の別荘、大阪・豊中市の邸宅
は売却。葉山の別荘と成城の270坪の豪邸も11月には売却予定だという。

裁判所に恭順の意を表して情状酌量のうえでの「執行猶予付き判決」を求めて
いる。

次回期日は11月20日で、被告側の最終弁論と検察側の論告求刑が予定されてい
る。

自らの存在を表に出さず、国税を逃れ続けてきた男が、安倍氏に接触した狙い
は本当に拉致問題の解決か――。

早急な答は避けた方が良さそうだ。
[PR]

by kissyouten2006 | 2012-10-24 10:10 | 週刊メールジャーナル


<< 拉致問題の解決      小池壮彦 怪奇探偵ブロマガ v... >>