今日は何の日

itabasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 27日

朝鮮日報記事

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/01/27/2013012700105.html

元日本特派員がつづる日常の温かい癒やし

【新刊】チョ・ヤンウク著、具滋虎(ク・ジャホ)写真 『傷だらけの花こそ芳しい』(nbook社)

 「私はすぐれたる作品を書きました。(中略)賞をもらえば、私は人の情けに泣くでしょう」。20世紀の日本の代表的な作家の一人、太宰治(1909-48)は、自分の作品が1935年に第一回芥川賞候補になったとき、選考委員宛てに手紙を書いた。しかし結果は落選。本書の著者、チョ・ヤンウクはこう記す。「実に涙ぐましい。行き詰まったあまり、作家としてのプライドまで捨ててしまったのか」

 かつて日本で特派員生活を送った著者は、小さなエピソードやささいな日常に温かい癒やしの鼓動を見いだす。新聞の社会面の記事を目にしてよみがえった思い出から、ソウル・北村の入り口にあったファゲ理髪店、三角山の飲食店で見た野良ネコ、楽園洞商店街のイルミ食堂にいた中国朝鮮族のスンエさんの話に至るまで、埋もれていた風景が著者の文章でよみがえり、明るく輝きだす。昨年夏にソウル・大学路で再公演された演劇『熱い海』(邦題『熱海殺人事件』)の演出家つかこうへいに関する物語や、韓国系の在日作家らに向けた思いには、人への愛を胸に現場を歩き回った記者の視線が今なお生々しく宿っている。

 本紙の写真部長を務めた具滋虎氏がスマートフォン(多機能携帯電話端末)のカートゥーンカメラ(漫画やスケッチ風の写真を作成できるカメラ)機能を使って撮影した写真は、風変わりで不思議な印象を与え、しばらく視線を捉えて離さない。タイトルは、詩人・鄭浩承(チョン・ホスン)の作品『葉にも傷がある』からの引用だ。184ページ、1万2000ウォン(約1010円)。

申晶善(シン・ジョンソン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
[PR]

by kissyouten2006 | 2013-01-27 19:42 | 日 記
2013年 01月 26日

8世紀に降り注いだガンマ線、星同士の衝突が原因か

http://www.cnn.co.jp/fringe/35027392.html

2つの中性子星が衝突、合体する様子(イメージ図)=Dana Berry/NASA提供

(CNN) 独イエナ大学宇宙物理学研究所のラルフ・ノイホイザー氏らはこのほど、8世紀に地球に降り注いだガンマ線は、終末を迎えた星同士の衝突から発生した可能性があるとの論文を英王立天文学会の月刊誌に発表した。

ノイホイザー氏らによると、中性子星やブラックホール、白色わい星など終末を迎えた2つの星が衝突、合体し、ガンマ線が大量に放出される「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象が発生。8世紀の地球にガンマ線が降り注いだという。

同氏らが研究を始めたのは、昨年、名古屋大学太陽地球環境研究所の三宅芙沙氏らの研究チームが発表した論文がきっかけだった。

三宅氏らは、西暦775年に形成された屋久杉の年輪から高レベルの炭素14とベリリウム10を測定したと発表。この時期に地球に強い宇宙線が降り注いでいた可能性を指摘した。

だが歴史資料を調べても、当時、超新星爆発や太陽フレアが見られたという記録は見つかっていない。この謎の解明を目指しノイホイザー氏らは研究。終末を迎えた小さな星同士の衝突ではガンマ線バーストは数秒間で終わり、可視光線を出さないとの考えを示した。

なお、ガンマ線の照射による生物の絶滅といった明らかな悪影響がみられなかったことから、星の衝突は地球から3000光年以上離れた場所で起きたと同氏らは推測する。

この研究が現代に与える示唆をノイホイザー氏に問うと、「銀河系内で高エネルギーを発する現象が起きても、我々はオゾン層で守られている」「電子機器や軌道上の衛星は、このようなバースト現象よりも太陽フレアから受けているリスクの方が大きい」と答えた。
[PR]

by kissyouten2006 | 2013-01-26 00:33 | 日 記
2013年 01月 25日

黒柳 徹子

★ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9F%B3%E5%BE%B9%E5%AD%90
★若いころの画像:http://matome.naver.jp/odai/2131602283313457601
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060816
♀黒柳 □□     18‥‥‥ 東京    19‥‥‥ ? /朝の母/クリスチャン
 黒柳 守綱(旧姓:田口) Violin  19080620 東京    19830430 74 /N響コンサートマスター
♀黒柳 朝  エッセイ 19100906 北海道 東京 20060816 95 /守綱の妻“チョッちゃん”
♀黒柳 徹子 タレント 19330809 東京 /守綱の長女/徹子の部屋“トットちゃん”
 黒柳 明児     193.‥‥ 東京    1941‥‥ ? /守綱の長男?(夭折)
 黒柳 紀明 Violin  1940‥‥ 東京 /守綱の次男/N響「姉に才能を持っていかれた」
♀黒柳 眞理 エッセイ 1944‥‥ 東京 /守綱の次女/元バレリーナ/美容師
 黒柳 貴之     1956‥‥ 東京 /守綱の三男(旅行社勤務?)19980126覚醒剤逮捕
────────────────────────────────
 田口 修治     19‥‥‥ 東京 /黒柳 徹子の伯父
/日本ニュースのニューヨーク支社長/アメリカ・メトロニュース極東代表

★U本さんから 2012年頃聞いた話・・・・・・・・
 「黒○○子の渡米と出産の段取りをととのえたのは、和菓子の『と○や』の若旦那。」
 ◇その若旦那が子供の父親なんですか?と聞いたら、「違う、父親は別人」とのこと
黒柳徹子が 若いとき パトロン 探しに やっきに なっているのを 身近で 見ていた女性が 同僚だったのです 。
彼女は 成功者でしょうけど ……とその人は言葉を 濁していました。
その女性は外資系に勤めていたことがある(エイボンか?)
「と○や」15代当主は熊本出身、高句麗系の人。夫婦で日高市高麗神社に参拝
息子・光朝は日本青年会議所初代会頭
◇U本さんの話の続き:そこの麻布の若旦那さまのところでは、音楽界をひらいたりみんなでいろんなところへいったりと
さまざまな交流会が開かれてましてね。そこに私もちょいと紛れ込んでたわけなんです。
で黒○さんの渡米出産にいろいろと便宜をはからってたこともそこで知ったんですね。

http://news.hareplace.com/2nn/126/1269442338.html
[18] 2010/03/24 23:57
弟が覚せい剤か大麻で捕まったよな。
ユナイテッド航空勤務の地上職だった記憶がある。
逮捕された時は40代だったかな。

その弟は実は黒柳徹子の子供だと噂されてたよな。
黒柳がアメリカに一時滞在してた時でできた子供と言われてた。
黒柳徹子の母親の未亡人であった「ちょっちゃん」が60近くで産んだ計算になり
どう考えても辻褄が合わないとか言われてた。

昔の芸能人は子供産むののさえタブーだったんだろうな。
水之江滝子と三浦和義の関係とか。

http://d.hatena.ne.jp/boogierock/20100528/1275027073
ユニセフと黒柳徹子の黒い関係

★ http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4813064841/ref=dp_image_text_z_0?ie=UTF8&n=465392&s=books

怖い噂vol10芸能界タブーファイル03

  「黒柳徹子=エスタブリッシュメント(支配階級)」説を検証する。
>また、黒柳については、その出自に関しても実に謎めいている。
 父はバイオリニスト、母はエッセイスト。弟はバイオリニスト、妹はバレリーナ、さらに前出の逮捕された
 末弟もユナイテッド航空の社員(当時)であり、「出来すぎている」といっても過言ではないくらいの、
  極めて稀有なエリート一家であることが分かる。
 (中 略)
  こうした背景から鑑みれば、彼女にはそもそも“普通の大物芸人”とは違った、極めて特殊なコネクションや
  政治力があり、それによってある程度、恣意的に資金も人脈も、そして幸運さえも操れる術があるとみるのが
 妥当ではないだろうか。
 (中 略)
少なくとも、我々一般視聴者の理解を超えた特殊な外交活動を彼女が“日常”として行っていること、
そして欧米の政財界に強い影響力を持つユダヤ系脈と強いコネクションがあることだけは、この
一節からもうかがいしることができる。

怖い噂vol10芸能界タブーファイル04

「徹子の部屋」が終了しない本当の理由」
>その番組はなぜおわらないのか。ある関係者は「テレ朝の良心」と答え、別の関係者は「最後の聖域」
  と答えた。

田原総一郎の娘である田原敦子プリデューサー以下主要スタッフは、長年この番組を担当し続けてきた
古株で固められており、黒柳の意向もあって人事異動の影響を受けない、まさに聖域である。

http://koshitsu.jugem.jp/?eid=1012
>実は、寛仁親王殿下もかつてこの番組にゲストとして出演されたことがある。放映は昭和52年4月1日。
昭和52年=1977年横田めぐみさんが拉致された年。

★徹子の部屋 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/
★TVプロデューサー田川一郎  http://www.inv.co.jp/~tagawa/
          出身地 : 山口県熊毛郡田布施町

黒柳徹子は、田布施人脈に守られている!!

◎オリエンタルラジオを絶句させた黒柳徹子の凄い人脈
 http://getnews.jp/archives/281800

*田布施の闇* http://itabasi.exblog.jp/18552770/

★2013/02/04(月) 18:54:02.01 ID:aF5dqyW7
美智子さま、黒柳徹子さん感謝の告白「慈愛のリレーは紀子さまに託され て
   ◆ 美智子皇后、紀子妃、黒柳徹子、日本ろう者劇団、トット基金
                   女性自身(2013/02/19), 頁:46
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/news2/1356310910/896
なぜか、皇室関係者とチョクで会える

★週刊女性 2013/03/26日号の目次
〈独占スクープ撮〉黒柳徹子 厳戒 極秘通院姿を発見!
http://www.zassi.net/detail.cgi?gouno=33183
[PR]

by kissyouten2006 | 2013-01-25 22:42 | 人 物
2013年 01月 18日

小池壮彦 怪奇探偵ブロマガ vol.9

●怪談の闇を見るの巻[孝明天皇の亡霊と原子爆弾① ~天皇と原発 その秘密⑤]天皇謀殺の証拠となる新資料でも出てこない限り、学者の手には余ることである。天皇の玉体を調べることも現状では不可能だろう。そこで〝物語〟が必要になる。読者はこれが「天皇と原発」というテーマと関係あるのかと疑問に思うことだろう。もちろん関係あるから書いている。これはある意味で恐ろしい話になる……

http://ch.nicovideo.jp/kaikitantei/blomaga/ar28926

●怪談の闇を見るの巻

[孝明天皇の亡霊と原子爆弾① ~天皇と原発 その秘密⑤]

 明治天皇をめぐる物語が、単なるすりかえ説を経て、さらに改定される動きがあることを本ブロマガVol.7で述べた。その背景には〝雲の上〟の世界での皇統利権争奪をめぐる暗闘があるのだが、彼らの思考回路は一貫して〝作り物語〟をバックボーンとしている。荒唐無稽であれ何であれ、彼らが信じる〝物語〟が歴史を規定する。

 日本の支配層は建国当初から〝物語〟によるアイデンティティ支配を旨としてきた。多民族支配のいきさつとその暗部は建国神話のなかに隠された。百済系支配層の価値観を正史とする欺瞞をガス抜きする装置として『古事記』の存在を許容した。抹殺された帝王系図の怨念は歴代の朝廷文化人が『源氏物語』を珍重することで慰撫してきた。

 明治維新も同様である。これまでは維新の功労者を正義のヒーローとして描く物語を流布することで、新政府が単なるクーデター政権にすぎないことを隠してきた。山岡荘八が描く幕末物語は国民文学の体裁を取りながらも真実のヒントを潜ませる工夫が施されているが、司馬遼太郎はまったく支配層の意にかなう優れた物語の作り手として君臨した。

 しかし、明治維新の暗部を完全に隠そうとしたとき、どうしても汚点になるのが孝明天皇暗殺説だった。戦後にこの説がクローズ・アップされて以来、アカデミズムの学者の間でこの問題は厄介なテーマであり続けた。決定的な証拠はないものの、問題を真摯に見つめる限り、状況証拠は天皇謀殺の蓋然性を決して低めることがなかったからだ。

 必然的にこの問題は、学者の良心を問う上での試金石となった。たとえば、どのみち実証できないことなのに、天皇は暗殺されていないことを実証したと臆面もなく主張する学者がいる。そして、従来孝明天皇の不審な死に方を認めていた学者が、なぜか不可解な転向を見せて、謀殺説を否定する側に回るという姿も見られる。この問題をめぐる一部の歴史学者の態度というのは、かなりみっともないことになっている。

 問題の性質からして、謀殺の証拠となる新資料でも出てこないかぎり、歴史学者の手には余ることである。土葬された孝明天皇の玉体を調べることも現状では不可能だろう。そこで〝物語〟が必要になる。近年、新たな話の作り手として現れた落合莞爾氏が〝孝明天皇生存説〟というストーリーを出してきた。その企みについてVol.7で述べたわけだが、読者はこれが「天皇と原発」というテーマと関係あるのかと疑問に思うことだろう。もちろん関係あるから書いている。

 これはある意味で恐ろしい話になる。
[PR]

by kissyouten2006 | 2013-01-18 16:18 | 小池壮彦
2013年 01月 15日

首相と小和田氏

2011-11-20 野田日誌]20日午後3時32分から48分、小和田恒国際司法裁判所所長。
http://ceron.jp/url/blogs.yahoo.co.jp/mitmiyake1/61624645.html

https://mobile.twitter.com/toriiyoshiki/status/290262250902667266?p=v
[PR]

by kissyouten2006 | 2013-01-15 00:51 | 日 記
2013年 01月 13日

小池壮彦 怪奇探偵ブロマガ vol.8

●怪談の闇を見るの巻[日本はなぜ滅亡したか ~天皇と原発 その秘密④]敗戦日本の崩壊過程を組織のタコツボ論で語る話が出てきたら、まずはインチキを疑うことだ。そもそも特攻作戦は組織の体質による空気で進められたのではない。下っぱは空気に流されたにしても、軍令部は主体的に計画を進めていた。有為の若者が生き残っては困るという国策上の動機があったと見なければならない
http://ch.nicovideo.jp/kaikitantei/blomaga/ar28043

●怪談の闇を見るの巻

[日本はなぜ滅亡したか ~天皇と原発 その秘密④]

 子供の頃に不思議に思ったのは、本当に〝一億玉砕〟していたら天皇と軍部はどうするつもりだったのかということだ。もちろんこれは子供だから不思議に思うことで、実際に〝一億玉砕〟する気など軍部にはなかったのである。彼らが恐れていたのは敗戦がもたらす国民の反乱であり、それを防ぐためには国民を鼓舞する形でエネルギーをすり減らす必要があった。後述するが、神風特別攻撃隊にも秘密があった。

 子供の頃に、私はこう考えた。玉砕する気なら戦争が終わろうが何だろうが玉砕すべきなのである。いまからでもやるべきである。働く暇があるなら玉砕せよ! それをやる気配もなく、へらへらと高度成長だの所得倍増だの昭和元禄だのと言って過ごしてきたのは何なのか。支配層が替わったからか。だが天皇は戦時と同じ天皇ではないか――このような疑問を持つ人は子供にしろ大人にしろ周囲には皆無だったため、なぜ自分はこんなことを考えているのか、しだいに私はそのこと自体を不思議に思うようになった。

 戦前の日本が本当の日本なら、戦後の日本は消えるべきである。しかし、戦後が本当の日本なら、戦前の日本は紙芝居だったとでもいうのか。こういうことを考えて暮らしている子供も世のなかにはいることを大人は知るべきだろう。幸いにも私は小泉八雲の著作に出会ったから、子供でも結論はすぐに出せた。戦前の日本も、戦後の日本も、どちらも偽者だとわかってみれば、やるべきことはひとつである。いつから偽者になったのか。その探求しかないではないか。

 すべての話はそれからだ。人生論だの哲学だのと言ったところで始まらない。宗教? 科学? なんだそれは。政治だの、法律だの、経済だの、娯楽だの、今日は燃えるゴミの日だのと言ったところで、それを語る根幹が根も葉もないノッペラボーなら意味がない。いわんや文学をや、である。幻想を現実だと思っているうちは幻想すら語れない。しかしそれを現代人はやっている。インチキの自覚もなしにだ。それに比べれば回転寿司のネタの方がまだましなのだ。少なくともインチキだとわかって食べている。

 ところが、ここに大きな闇がある……。
[PR]

by kissyouten2006 | 2013-01-13 19:30 | 小池壮彦
2013年 01月 06日

安倍・自民党はどうなる?

https://mobile.twitter.com/h_hirano/status/287450311650578432?p=v

こんなジククスがあるそうだ。ひらがな2文字の首相と衆院選大勝の首相は参院選では惨敗。うの、はた、もり、かん、のだ──いずれも短命首相。05年に大勝した自民党は07年の参院選で大敗している。あべ首相は、このジンクスのどちらにも該当する。安倍首相は相当神経質になっている。5日フジ
8:47 1月5日(土)
[PR]

by kissyouten2006 | 2013-01-06 21:11 | 日 記