今日は何の日

itabasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 28日

介護の現場に地元の外国人

NHKの今朝のニュース
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-10-28 08:08 | 日 記
2011年 10月 24日

なんか変……?

園祥子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%92%E7%A5%A5%E5%AD%90

>その さちこ、1867年12月23日(慶応3年11月28日) - 1947年(昭和22年)7月7日)は、明治天皇の側室。伯爵・園基祥の次女。
>明治天皇の崩御後は貞明皇后の女官長となり、若君(後の三笠宮崇仁親王)の出産に立ち会った。

明治天皇の側室が、次の大正天皇の皇后の「女官長」、ってあり?
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-10-24 13:38 | 日 記
2011年 10月 14日

世田谷放射能の報道

今朝のNHK:世田谷+モナザイト で検索
http://blog.goo.ne.jp/adlum99v3t/e/fbe4a15b778c083b0f1baefcbaa9f2fa
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-10-14 08:42 | 日 記
2011年 10月 11日

3色でタクシー入場制限 京都駅前の実験

JR京都駅前の渋滞を解消するため、タクシーの待機場への乗り入れを制限する社会実験で、業界団体とJR西日本は11日午前、赤、青、黄の3色に分けてタクシーの入場を制限する新たな実験を始めた。客は順調に乗車し、スムーズな滑り出しとなった。

 新たな実験は、タクシーをナンバープレート末尾の数字で赤、青、黄の3色に分け、日替わりで待機場へ入れる。タクシーの後部窓に各色のステッカーを貼り、20日まで続ける。初日は、約100台が入れる待機場がほぼ満車になる状態が続いた。

 駅で客を降ろしたタクシーだけが次の客を乗せられる当初の実験では、客の長蛇の列ができた。主催する業界団体・京都タクシー業務センター(京都市伏見区)の横山末松・代表幹事は「乗客が少ない平日でもあり、滑り出しは順調。最終的な判断は週末の様子を見てからです」と話した。(竹山栄太郎)

京都はやっぱり朝鮮人の巣窟ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-10-11 13:18
2011年 10月 11日

円安寺と円高寺www

http://twitter.com/#!/junsaito0529/status/123333606587379712/photo/1
円高放置があまりにも酷いんで、円安寺にお参りしてきましたよ。
http://pic.twitter.com/Z8Tt16BA

円安寺は尼崎に存在した
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M06005/28202/L0696341/
円高寺はありのかな?円光寺はあるみたいだけど。
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-10-11 11:22 | 日 記
2011年 10月 07日

【現地画像】台風15号で139万人に避難勧告がでた名古屋市 天白川と周辺の様子

http://t.co/g64Ii6g5
http://matome.naver.jp/odai/2131649135221483501
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-10-07 21:23 | 日 記
2011年 10月 06日

日本の歴代内閣総理大臣

http://www.d4.dion.ne.jp/~warapon/archives/politics/prime-minister.htm

--------------------------------------------------------------------------------
  名前 在職期間 在職日数 政権基盤
初代 伊藤博文(1) 1885/12/22~1888/04/30 861日  
2代 黒田清隆(1) 1888/04/20~1889/10/25 544日  
3代 山県有朋(1) 1889/12/24~1891/05/06 499日  
4代 松方正義(1) 1891/05/06~1892/08/08 461日  
5代 伊藤博文(2) 1892/08/08~1896/08/31 1485日  
6代 松方正義(2) 1896/09/18~1898/01/12 482日 進歩党
7代 伊藤博文(3) 1898/01/12~1898/06/30 170日  
8代 大隈重信(1) 1898/06/30~1898/11/08 132日 憲政党
9代 山県有朋(2) 1898/11/08~1900/10/19 711日 憲政党
10代 伊藤博文(4) 1900/10/19~1901/05/10 204日 立憲政友会
11代 桂太郎(1) 1901/06/02~1906/01/07 1681日  
12代 西園寺公望(1) 1906/01/07~1908/07/14 920日 立憲政友会
13代 桂太郎(2) 1908/07/14~1911/08/30 1143日  
14代 西園寺公望(2) 1911/08/30~1912/12/21 480日 立憲政友会
15代 桂太郎(3) 1912/12/21~1913/02/20 62日  
16代 山本権兵衛(1) 1913/02/20~1914/04/16 421日 立憲政友会
17代 大隈重信(2) 1914/04/16~1916/10/09 908日 立憲政友会
18代 寺内正毅 1916/10/09~1918/09/29 721日  
19代 原敬 1918/09/29~1921/11/04 1133日 立憲政友会
20代 高橋是清 1921/11/13~1922/06/12 212日 立憲政友会
21代 加藤友三郎 1922/06/12~1923/08/24 440日 立憲政友会
22代 山本権兵衛(2) 1923/09/02~1924/01/07 128日 革新倶楽部
23代 清浦奎吾 1924/01/07~1924/06/11 157日 憲政本党
24代 加藤高明 1924/06/11~1926/01/28 597日 護憲三派
25代 若槻礼次郎(1) 1926/01/30~1924/04/20 446日 憲政会
26代 田中義一 1924/04/20~1929/07/02 805日 立憲政友会
27代 浜口雄幸 1929/07/02~1931/04/14 652日 立憲民政党
28代 若槻礼次郎(2) 1931/04/14~1931/12/13 244日 立憲民政党
29代 犬養毅 1931/12/13~1932/05/16 156日 立憲政友会
30代 斎藤実 1932/05/26~1934/07/08 774日  
31代 岡田啓介 1934/07/08~1936/03/09 611日  
32代 広田弘毅 1936/03/09~1937/02/02 331日  
33代 林銑十郎 1937/02/02~1937/06/04 123日  
34代 近衛文麿(1) 1937/06/04~1939/01/05 581日  
35代 平沼騏一郎 1939/01/05~1939/08/30 238日  
36代 阿部信行 1939/08/30~1940/01/16 140日  
37代 米内光政 1940/01/16~1940/07/22 189日  
38代 近衛文麿(2) 1940/07/22~1941/07/18 362日  
39代 近衛文麿(3) 1941/07/18~1941/10/18 93日  
40代 東條英機 1941/10/18~1944/07/22 1009日  
41代 小磯国昭 1944/07/22~1945/04/07 260日  
42代 鈴木貫太郎 1945/04/07~1945/08/17 133日  
43代 東久邇宮稔彦 1945/08/17~1945/10/09 54日  
44代 幣原喜重郎 1945/10/09~1946/05/22 226日  
45代 吉田茂(1) 1946/05/22~1947/05/24 368日 民主自由党
46代 片山哲 1947/05/22~1948/03/10 296日 日本社会党
47代 芦田均 1948/03/10~1948/10/05 220日 民主自由党
48代 吉田茂(2) 1948/10/15~1949/02/16 125日 自由民主党
49代 吉田茂(3) 1949/02/16~1952/10/30 1353日 自由民主党
50代 吉田茂(4) 1952/10/30~1953/05/21 125日 自由民主党
51代 吉田茂(5) 1953/05/21~1954/12/10 569日 自由民主党
52代 鳩山一郎(1) 1954/12/10~1955/03/19 100日 日本民主党
53代 鳩山一郎(2) 1955/03/19~1955/11/22 249日 日本民主党
54代 鳩山一郎(3) 1955/11/22~1956/12/23 398日 自由民主党
55代 石橋湛山 1956/12/23~1957/02/25 65日 自由民主党
56代 岸信介(1) 1957/02/25~1958/06/12 473日 自由民主党
57代 岸信介(2) 1958/06/12~1960/07/19 769日 自由民主党
58代 池田勇人(1) 1960/07/19~1960/12/08 143日 自由民主党
59代 池田勇人(2) 1960/12/08~1963/12/09 1097日 自由民主党
60代 池田勇人(3) 1963/12/09~1964/11/09 337日 自由民主党
61代 佐藤栄作(1) 1964/11/09~1967/02/17 831日 自由民主党
62代 佐藤栄作(2) 1967/02/17~1970/01/14 1063日 自由民主党
63代 佐藤栄作(3) 1970/01/14~1972/07/07 906日 自由民主党
64代 田中角栄(1) 1972/07/07~1972/12/22 169日 自由民主党
65代 田中角栄(2) 1972/12/22~1974/12/09 718日 自由民主党
66代 三木武夫 1974/12/09~1976/12/24 747日 自由民主党
67代 福田赳夫 1976/12/24~1978/12/07 714日 自由民主党
68代 大平正芳(1) 1978/12/07~1979/11/09 338日 自由民主党
69代 大平正芳(2) 1979/11/09~1980/06/12 217日 自由民主党
70代 鈴木善幸 1980/07/17~1982/11/27 864日 自由民主党
71代 中曽根康弘(1) 1982/11/27~1983/12/27 396日 自由民主党
72代 中曽根康弘(2) 1983/12/27~1986/07/22 939日 自由民主党、新自由クラブ
73代 中曽根康弘(3) 1986/07/22~1987/11/06 473日 自由民主党
74代 竹下登 1987/11/06~1989/06/03 576日 自由民主党
75代 宇野宗佑 1989/06/03~1989/08/10 69日 自由民主党
76代 海部俊樹(1) 1989/08/10~1990/02/28 203日 自由民主党
77代 海部俊樹(2) 1990/02/28~1991/11/05 616日 自由民主党
78代 宮澤喜一 1991/11/05~1993/08/09 644日 自由民主党
79代 細川護煕 1993/08/09~1994/04/28 263日 日本新党、その他連立
80代 羽田孜 1994/04/28~1994/06/30 64日 新生党、その他連立
81代 村山富市 1994/06/30~1996/01/11 561日 日本社会党、その他連立
82代 橋本龍太郎(1) 1996/01/11~1996/11/07 302日 自由民主党、その他連立
83代 橋本龍太郎(2) 1996/11/07~1998/07/30 631日 自由民主党、その他連立
84代 小渕恵三 1998/07/30~2000/04/05 616日 自由民主党、その他連立
85代 森喜朗(1) 2000/04/05~2000/07/04 91日 自由民主党、その他連立
86代 森喜朗(2) 2000/07/04~2001/04/26 297日 自由民主党、その他連立
87代 小泉純一郎(1) 2001/04/26~2003/11/19 938日 自由民主党、その他連立
88代 小泉純一郎(2) 2003/11/19~2005/09/21 673日 自由民主党、その他連立
89代 小泉純一郎(3) 2005/09/21~2006/09/26 371日 自由民主党、その他連立
90代 安倍晋三 2006/09/26~2007/09/26 366日 自由民主党、その他連立
91代 福田康夫 2007/09/26~2008/09/24 365日 自由民主党、その他連立
92代 麻生太郎 2008/09/24~2009/09/16 358日 自由民主党、その他連立
93代 鳩山由紀夫 2009/09/16~2010/06/08 266日 民主党、社会民主党、国民新党
94代 菅直人 2010/06/08~2011/09/02 452日 民主党、国民新党
95代 野田佳彦 2011/09/02~   民主党、国民新党

--------------------------------------------------------------------------------
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-10-06 08:17 | 日 記
2011年 10月 03日

皇太子殿下の「学歴」

http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1317617440/

>364 :名無しさん@12周年:2011/10/03(月) 18:05:50.78 ID:KfTJly150
ところで、これどう思う?

天皇、常陸宮、(三笠宮)寛仁親王、宜仁親王、憲仁親王、秋篠宮
↑全員が「学習院大学法学部政治学科」
皇太子だけ「文学部史学科卒」
つまり皇太子だけ、自覚なしで好き勝手な学部に入ったんだよ

・・・たしかに、なんかヘン?どして?
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-10-03 19:32 | 日 記
2011年 10月 02日

無視される拉致情報

http://dazzlepod.com/cable/09TOKYO2197/?q=Megumi%20%20Saiki

「ウィキリークス」+「拉致」
斎木氏の発言についてのウィキリークスの暴露に、拉致関係の人たちの歯切れが悪い
http://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/57a6711a76f738d8bdb650dc10df6980
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-10-02 21:20
2011年 10月 02日

朝日、読売を国税狙い撃ち「財務省には逆らえない」と幹部談

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20111002-32260/1.htm#TB_inline?height=180&width=440&inlineId=mainLink
朝日、読売を国税狙い撃ち「財務省には逆らえない」と幹部談

2011年10月2日(日)7時0分配信 NEWSポストセブン

-PR-
 財務省の強さ――それは国家の予算を握っていることだけでなく、情報収集力と組織の結束の強さこそ、官僚主導政治を根付かせてきた秘密だろう。財務官僚たちの影響下にあるのは民主党政権だけではない。彼らは政・官・司・財・報に幅広く支配の手を伸ばしている。

 政権交代をはさんだこの数年、財務省が最も力を入れてきたのが「第4の権力」であるメディアへの工作だった。

 財務省が本格的に増税に向けたメディア工作をスタートさせたのは、「消費税増税なしで財政再建できるとは考えられないし、安心できる社会保障制度も成り立たない」と消費税増税路線を鮮明にした福田康夫首相の頃とされ、世論工作の司令塔を長く務めてきたのが「財務省の天皇」の異名を持つ事務方トップの勝栄二郎・事務次官の直系とされる香川俊介・官房長だ。

 若手官僚を中心に組織された100人規模の政界工作部隊は、香川氏の指令ひとつでメディア工作部隊にも変身する。それをバックアップするメディア対策専門部隊もある。

 東京・竹橋の大手新聞社の本社に近いエスニック料理店は、財務官僚がベテラン記者や編集幹部、評論家などと勉強会を開く際によく使う店の一つだ。常連というベテラン記者の話である。

「飲食費はワリカン。財務官僚の守備範囲は財政政策だけではない。バックグラウンド・ブリーフィングといって、例えば『エリート教育について取材したいと考えている』といえば、調査課などから関連資料やデータを一式取り寄せた上で、霞が関での議論や問題点を非常にわかりやすく説明してくれる。ブレーンストーミングですね」

 それを自分でやるのが記者の本来の仕事のはずで、昔は、資料一式役所が用意した記事は「もらい記事」と呼ばれて恥とされた。だが、政策が嫌いな政治部記者や、不勉強で専門知識がない経済部記者は、財務官僚のサービスを有り難がって役所に頼りきりになる。

 メディア工作部隊の幹部には、キャリア官僚ながら玄人はだしの「手品」を演じる課長クラスや「腹話術」を得意芸とする審議官クラスもいて、記者たちを絡め取る。そして会合のたびに記者たちに、「野田さんはああ見えて政策にはかなり詳しいね」とささやくことで、大メディアに「政策通の政治家」と報じさせる。これぞ正真正銘の腹話術だ。

 だが、大メディアが増税必要論を一斉に報じるようになったのは、個々の記者への工作だけが理由ではない。財務省の報道機関工作の有力な武器となったのが、国税の税務調査である。

 朝日新聞は2009年2月に東京国税局の税務調査で京都総局のカラ出張による架空経費の計上など約5億1800万円の申告漏れを指摘され、東京、大阪、西部、名古屋の4本社編集局長と京都総局長を処分した。同年5月には、読売新聞東京本社も東京国税局の税務査察で推定2億7000万円の申告漏れを指摘されている。その前には日テレ、フジテレビ、NHKも申告漏れを指摘された。

 時系列でいえば、税務調査の後、読売は丹呉泰健・前財務事務次官を社外監査役に迎え、朝日も「増税礼賛」の論調を強めていく。

 有力紙の論説委員は、「メディアは常に税務当局に狙われている。経営上も財務省に逆らえない」と本音を明かす。

※週刊ポスト2011年10月7日号
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-10-02 14:20 | 日 記