今日は何の日

itabasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 29日

天皇のメッセージ

http://blue.ap.teacup.com/97096856/3918.html

映画「2012」の試写会 2009/11/11
http://azby.search.nifty.com/websearch/search?cflg=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&select=86&chartype=&q=%E6%98%A0%E7%94%BB+2012+%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98&ck=andsrch_u2_az&otype=web_azby_1
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-03-29 23:43 | 日 記
2011年 03月 11日

【皇太子夫妻にまつわる怖い話】 第百五十六話

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1299020028/

http://bluefox-hispeed.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/66_bb7b.html

藤田小乙女事件
http://ameblo.jp/mst9/entry-10821136933.html

田宮 白い巨塔
http://moura.jp/clickjapan/shiroikyoto/soken/index01.html
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-03-11 00:32 | 日 記
2011年 03月 09日

皇后様の憔悴 2010秋?


http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1299582658016.jpg
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-03-09 00:34 | 日 記
2011年 03月 06日

総理が使う政府専用機の解剖図

http://msf-lab.blogspot.com/2010/07/air-force-1-in-japan-interview-with-i.html

畿内食は自衛隊食と同じで、エコノミー並みです。幕の内弁当のようなものがでてきます。飲み物も種類があまりありませんでした。お弁当だけではどうにもおなかがすいてしまうときもあります。そんなときはミニサイズのカップラーメンを食べることになります。

同行する記者は毎回約30~50人です。税金で運航している飛行機ですからタダでは乗せません。通常の航空料金等から概算して、ちゃんと料金を徴収しています。高い料金を払いながら質素な食事なのですから、ある意味、記者も気の毒です。羽田空港を飛び立ったあと、水平飛行になったタイミングで、機内では首相が後ろのほうの記者室まで出向き、外遊の主旨や抱負を語るのです(途中から空港や官邸での会見に切り替え)。

同行記者団は首相や随行団のいる前方のスペースに立ち入ることは許されていません。

政府専用機の乗組員は全員が自衛官です。機長や通信、整備関係などの自衛官スタッフはみな2階にいます。キャビンアテンダントも階級章を着けた女性自衛官ですから、民間航空機のような雰囲気とはいきません。

ただし、喫煙が許されていました。いまや民間航空機は全面禁煙となってしまいました。ヘビースモーカーの私にとっては、政府専用機はおおいに助かりました。

会議室の収容能力は20人程度。関係各省庁の幹部(総勢約30人)の座席が会議室の隣の部屋にありました。

実は、政府専用機は、2機あります。外遊の際には常に2機連れ立って飛んでいることはあまり知られていません。

私はそれぞれ「(エア)フォース・ワン」「フォース・ツー」と呼んでいました。フォース・ワンには、先述したように、総理以下、官邸スタッフ、官僚、記者が乗り込みます。

一方、フォース・ツーは誰も乗せずに空っぽで飛びます。なぜなら、フォース・ツーは、フォース・ワンに万一の事故があったときに急遽乗り換えるための予備機だからです。フォース・ワンとは時間を少しずらせて後を追うように飛ぶのです。

いつもは空っぽのフォース・ツーが活躍したのは一度だけです。平成16(2004)年5月22日、北朝鮮から帰国したとき、拉致被害者が乗ったのです。私は、機内の電話・FAXを活用し、帰国後のスケジュールや準備のすべてを機内で整えながら帰国しました。普段は、束の間の休息となることも多いフライト時間ですが、このときばかりは休めません。
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-03-06 18:57 | 日 記
2011年 03月 01日

雑感

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=246121
「ペリー来航で開国も徳川体制の転換も分かり切った話である。それをすぐに出来ない日本は勤王か佐幕かで15年間もチャンバラを続けた。また戦後はアメリカに占領支配されたのだから、日米安保体制を受け入れるのは自明である。それを賛成だ反対だと騒いで落ち着くまで15年もかかった」とキッシンジャーは発言した。
太平洋戦争   小泉改革
1997年にアメリカは対北政策を転換していた?(おそらく)まだ、きづかないのか?・・・
週刊金曜日の編集長ブログと正論編集長のブログを読み比べるとわかる。
拉致の原点を、どちらも回避しているということ。
芥川龍之介の「藪の中」映画「羅生門」の世界が、拉致事件と重なる。
皆がしっていた。皆がだまっていた。皆が自分の都合のよいように言い訳している。

1997+15=2012
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-03-01 11:52 | 日 記
2011年 03月 01日

日韓フォーラム

http://www.jcie.or.jp/japan/gt/kjf.html

http://www.jcie.or.jp/japan/gt/kjf/2010.html
第18回日韓フォーラム
[議長]
茂木 友三郎
MOGI Yuzaburo キッコーマン株式会社代表取締役会長 CEO
[参加者] (アルファベット順)

千野 境子
CHINO Keiko 産経新聞社論説委員兼特別記者
深川 由起子
FUKAGAWA Yukiko 早稲田大学政治経済学部教授
林  芳正
HAYASHI Yoshimasa 参議院議員(自由民主党)、参議院自民党議員副会長、元防衛大臣
平岩 俊司
HIRAIWA Shunji 関西学院大学国際学部教授
本田 桂子
HONDA Keiko マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン ディレクター
細野 豪志
HOSONO Goshi 衆議院議員、前民主党副幹事長
池田 元博
IKEDA Motohiro 日本経済新聞社アジア部編集委員兼論説委員
五百旗頭 真
IOKIBE Makoto 防衛大学校学校長
門脇 英晴
KADOWAKI Hideharu 株式会社日本総合研究所特別顧問
小針  進
KOHARI Susumu 静岡県立大学教授
小島  明
KOJIMA Akira 日本経済研究センター 研究顧問
是永  和夫
KORENAGA Kazuo (社)日韓経済協会専務理事
小坂 憲次
KOSAKA Kenji 参議院議員(自民党)、党参議院幹事長、元文部科学大臣
松本 剛明
MATSUMOTO Takeaki 外務副大臣、衆議院議員(民主党)
西川  恵
NISHIKAWA Megumi 毎日新聞社専門編集委
岡田 克也
OKADA Katsuya 衆議院議員(民主党)、民主党幹事長
小此木 政夫
OKONOGI Masao 慶應義塾大学教授
奥谷 龍太
OKUTANI Ryuta NHK国際部デスク・記者
榛葉 賀津也
SHIMBA Kazuya 参議院議員(民主党)
添谷 芳秀
SOEYA Yoshihide 慶応義塾大学法学部教授、同大学東アジア研究所所長
田中 均
TANAKA Hitoshi (財)日本国際交流センター シニア・フェロー、元外務審議官
辻本 博圭
TSUJIMOTO Hirokazu (株)近鉄エクスプレス相談役
辻元 清美
TSUJIMOTO Kiyomi 衆議院議員
薬師寺 克行
YAKUSHIJI Katsuyuki 朝日新聞編集委員
薬師寺 泰蔵
YAKUSHIJI Taizo (財)世界平和研究所 研究顧問
若宮 啓文
WAKAMIYA Yoshibumi 朝日新聞コラムニスト
山本  正
YAMAMOTO Tadashi (財)日本国際交流センター理事長、日韓フォーラム日本側運営委員会代表幹事
山岡 邦彦
YAMAOKA Kunihiko 読売新聞論説委員
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-03-01 00:37 | 日 記