今日は何の日

itabasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 30日

日本乞師・・・金塊ネットワーク?

日本乞師
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B9%9E%E5%B8%AB
朱舜水
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B1%E8%88%9C%E6%B0%B4
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-01-30 23:58 | 日 記
2011年 01月 21日

徳川と日銀

http://twitter.com/pmtore/status/28220339464966144
@iisiaフランスの田舎町で三葉葵の紋章が今も使われているという朝日の記事が数年前にありました。伝説では幕末に「日本の王の弟(松平)」がフランスの田舎町に訪れたそうです。この人は日本銀行設立に関与した人のようです。花より団子?1862と1903の失環を埋める一片になりますか?

○明治維新の真の黒幕は・・・もしかして徳川??
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-01-21 13:26 | 日 記
2011年 01月 21日

チュニジアの暴動

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/483/

 グローバリゼーションとは、インターナショナリズムの言い換えに過ぎない。ただしこの左翼インターナショナリズム運動の背後には世界的銀行家らがいて、それを進めたという事実を理解しないとわけが分からなくなる。

 レーニンのロシア革命は欧米の銀行からの資金援助がなければ成功しなかったであろう。一切の運動には資金が必要なのだ。1848年のフランスの革命でもロスチャイルド邸は襲撃されなかったのにはわけがある。
 資本家らは今、グローバリゼーションを掲げ、国家の壁を越えて、資本の力であらゆる利権を買いあさっている。

 今の日本の民主党が、アメリカの圧力で今の動きをしていることは明らかである。菅政権は欧米の圧力の中で、彼らの利益を中心とする政策の実行を目指しているといえよう。圧力とは、脅しである。簡単に言えば、脅しに屈っしたと考えざるを得ない。
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-01-21 13:16 | 日 記
2011年 01月 20日

皇后と芸能人

草なぎ興奮「皇后さまにほめられた!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110121-00000003-dal-ent
デイリースポーツ 1月21日(金)9時13分配信

 SMAP・草なぎ剛(36)が20日、美智子皇后さまと緊張の“ご対面”を果たした。皇后さまが、草なぎ主演の映画「僕と妻の1778の物語」(公開中)を都内の劇場でご覧になったもので、草なぎは隣で鑑賞。上演後に皇后さまとお話しした草なぎは「生まれてきて一番うれしかった。ほめられたんですよ!僕!皇后さまに!すごくないですか?」と顔を上気させた。感激のあまり、自分から握手を求めたそうで「警備の方がビクッとなってました」と笑わせた。
 皇后さまは草なぎのことをよくご存じで、「SMAPで忙しくて大変でしょう」「韓国語はどのくらい勉強されているのですか?」と話しかけられたという。草なぎは「優しくてあったかくて、心が穏やかになりました。メンバーにも報告しなきゃ」と大感激。妻役の竹内結子(30)も「夢見心地で、現実の実感がわきません。とても光栄なことだと思います」と喜んだ。
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-01-20 17:50 | 日 記
2011年 01月 11日

教科書の皇室記述

http://sankei.jp.msn.com/life/education/110111/edc1101110104000-n1.htm
教科書 陛下“呼び捨て” 小6社会3社、皇室軽視強まる

(1/2ページ)
2011.1.11 01:04
 天皇陛下に敬称を付けず“呼び捨て”の記述が文部科学省の教科書検定をパスし、今年4月から小学校6年生の教科書として供給・使用されることが10日わかった。巻末の用語の索引に「天皇」を盛り込まなかった教科書もあった。天皇、皇后両陛下はじめ「皇室軽視」の傾向はこれまでも教科書でみられたが、学習指導要領では「天皇への理解と敬愛の念を深める」よう求めている。専門家からは「指導要領の趣旨が教科書に十分浸透していない」との批判の声が上がる。

 敬称がない表記があったのは、小6社会の教科書。文科省の検定を通過した4出版社のうち教育出版と日本文教出版、光村図書の教科書が、陛下ご自身が写った写真を説明する際に「文化勲章を授与する天皇」「インドの首相をむかえた天皇」と表記していた。

 2つの教科書を出す日本文教出版は、別の教科書でも天皇、皇后両陛下の写真説明を「福祉施設を訪問される天皇と皇后」と表記。「される」と敬語はあるが敬称はなかった。

 「天皇」という地位自体の説明は、憲法や法律、指導要領でも敬称を付けずにただ「天皇」と記述し、新聞や出版物も同様。しかし、陛下ご自身の行動や表情などを伝える際には必ず敬称をつけるのが一般的。

 しかし、教科書は陛下に敬称がなく、一方で一般国民や外国人らの名前には「被爆体験を持つ○○さん」「緒方貞子さん」(元国連難民高等弁務官)などと敬称があった。

(2/2ページ)
2011.1.11 01:04
 東京書籍は“呼び捨て”はないが、教科書の重要語を並べた巻末索引に「天皇」はなし。一方で「内閣総理大臣」「ユニバーサルデザイン」などはあった。

 過去の小中高の教科書でも「仁徳天皇陵」の記載が括弧書きや「大仙陵古墳」「大山古墳」「仁徳陵」として検定をパス。「皇太子明仁」の記載が「明仁皇太子」となったり、皇后陛下を「正田美智子」とした記載がパスしたことがあった。

 皇室や教科書問題に詳しい高崎経済大学の八木秀次教授は「憲法上の『天皇の地位』は、重い。国民の敬愛を受ける存在で、教科書では敬称を付けるべきだ」と話すが、文科省は「教科書記述の内容に誤りがあるわけではない」とする。
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-01-11 12:15 | 日 記
2011年 01月 04日

空から鳥が降ってくる・・・政権交代?

町に降り注ぐ1000羽の鳥、ヒッチコックさながらの謎 米国
2011年01月03日 15:30 発信地:ワシントンD.C./米国

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2781106/6626386?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics
【1月3日 AFP】アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)監督の映画『鳥』(The Birds)さながら、米アーカンソー(Arkansas)州の小さな町ビービ(Beebe)に、空から1000羽を超える鳥が降ってきた。

 アーカンソー州漁業狩猟局(Arkansas Game and Fish Commission)のフェースブック(Facebook)によると、この町では地元でブラックバードと呼ばれる鳥が12月31日から大量に住宅の庭や軒先に落ち始め、死骸が積みあがっている。原因は不明で、3日に死骸を検査するという。

 現地紙アーカンソー・タイムズ(Arkansas Times)が取材した専門家は、上空でひょうやあられに巻き込まれたか、ヒスパニック系の住民の間で新年を祝う習慣となっている大量の花火に驚いて群れごといっせいに落ちてきた可能性があると語っている。(c)AFP
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-01-04 13:58 | 日 記
2011年 01月 02日

天皇陵の真贋

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/101223/acd1012230254000-n1.htm
【主張】天皇陵の治定 科学だけで割り切れない
2010.12.23 02:52
宮内庁が治定(じじょう)する(定める)天皇陵の「真偽」が問われている。

 発端は、奈良県明日香村の牽牛子(けんごし)塚古墳の発掘調査である。天皇クラスの墓に限られる八角形の墳丘を持つとわかったほか、今月には古墳に寄り添うよう造られた未知の石室も確認された。「斉明天皇の陵(みささぎ)の前に孫の大田皇女(ひめみこ)を葬った」という「日本書紀」の記述に合致する発見で、研究者は斉明天皇の陵である可能性は限りなく高いとみている。

 宮内庁治定の斉明天皇陵(越智崗上陵(おちのおかのえのみささぎ))は、隣の高取町にある。「今回を機に治定を見直しては」という論調が、メディアで目立つようになってきた。

 現在、188ある陵(天皇、皇后、皇太后、太皇太后の墓所)は、ほとんどが江戸時代から明治にかけて定められた。考古学も未発達の時代に、「書紀」などに記された墓の場所を頼りに決めたのだから、科学的な検証が不十分なことは当たり前である。

 「古代の天皇陵で、確実に被葬者が一致するのは天智天皇陵(京都市山科区)と天武・持統合葬陵(明日香村)だけだ」(森浩一・同志社大学名誉教授)のような指摘もある。

 ではあっても、100年以上にわたって大切に守られ、陵前での祭祀(さいし)も続けられてきた。こうした伝統を現今の「学術的成果」だけで否定し、安易に治定変更していいものだろうか。

 大阪府茨木市にある継体天皇陵や、奈良県天理市の継体天皇手白香(たしらか)皇后陵の被葬者が本人でないことは、学界では定説となっている。しかし、宮内庁は「(名前などを記した)墓誌(ぼし)など決定的証拠は見つかっていない」として、治定の見直しは行わない方針だ。

 古墳についての調査の水準は上がっているが、被葬者まで特定できるケースはほとんどない。「学術的には可能性が極めて高い」というレベルで、研究の積み重ねや将来の発掘成果を待つ、という態度が正しいのではないか。

 斉明天皇は7世紀を生きた女性天皇だが、天皇という存在をさらにさかのぼれば、神話の世界にまでたどり着く。科学的な目が及ばない領域だが、それでも自然な尊崇の念を抱いてきたのが日本の伝統なのである。

 きょうは天皇誕生日である。このような長い歴史と伝統にも、思いをはせたい。
[PR]

by kissyouten2006 | 2011-01-02 11:52 | 日 記