今日は何の日

itabasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 29日

勝谷誠彦の日本補完計画

http://www.policejapan.com/contents/katsuya/20060329/index.html
2006年3月29日
麻原結審か。

毎週WBCの話から始めるのもどうかと思いますが、今は日本中がそういう感じなんじゃないでしょうか。興奮冷めやらぬという奴ですね。その勢いがそのままパリーグの開幕に繋がっている。いずれも観客動員数が昨年を上回る感じです。



 しかも客層が明らかに変化したと、ある球団関係者。「女性が増えましたよ。野球のルールも良く知らないのに『ムネリーン』とかいって川崎を追い回していたりする。ヨン様のノリなんでょうか」



 確かに私の周囲でも、奥様が急にスカパーに入りたいとか言い出した人が何人もいる(笑)。川崎や西岡を見たいらしいんです。



 考えてみれば女性というのは、サッカーよりも野球の選手の方が実は好きなんじゃないでしょうか。サッカー選手というのはどっちかというと、トリノで惨めさをさらけ出したスノーボの選手系。ジベタリアン薄汚系。(失礼・笑)。それに対して、今どきの野球選手は、爽やかいい子系。あるいは、小笠原やイチローのように、ストイック野武士系。ジャニーズのタレントたちやWATなどに女性が騒いでいるのを見ると、本当の金脈はこっちにあるのかもしれない。



 そうなんですよ。ひょっとすると今年はプロ野球が韓流化するかもしれないんですよ。成田での熱烈な出迎えを見て、そう直感した興行師は多かったと思う。なのに、テレビ局の立ち上がりがあまりに鈍い。せっかくのパリーグのオープン戦をほとんど地上波が中継しない。みすみす宝の山を見逃している。



 まあ、とにかく今年はプロ野球が盛り上がるでしょう。予言しておきます。えー、個人的には、アメリカまで行って、きっちり負け投手になった選手と、記念写真に写っていたので初めてホントに行っていたんだとわかった選手の二人の投手を抱えているタイガースの行方は極めて心配です。どはははは。





 東京高裁の裁判長が弁護団の死刑執行引き延ばし戦術にキレて、麻原彰晃の裁判を打ち切る愚挙に出ました。



 そりゃ世間には「早くあの汚い髭豚を死刑にしろ」という声が満ちていることは承知しています。しかし、ここで麻原を殺してしまったなら、オウム真理教事件というものは永遠に闇の中に葬られることになる。あんな髭豚に描けた絵ではないとういことは、ますます明らかになっているのに、背後にいる連中を喜ばせることになる。どうせ絞首台には吊るすんですから、奴を徹底的に絞って吐かせるだけ吐かせた方がいい。それを裁判官の個人的感情で「アタマに来た」と打ち切りにするのは、国家安全保障から行って極めて愚かな行為です。



 オウム真理教事件とは何だったか。私はこれまでも折りに触れて書いてきました。あれは、北東アジアの反日勢力による、間接的な侵略もしくは浸透だったと。時の政権は極左勢力を抱き込んだ村山内閣。そこに、阪神大震災がおきて、政府の危機管理能力のなさが暴露された。もし虎視眈々と日本への浸透を狙っていた外国勢力がいるとすればこれほどの機会を見逃すわけはありません。



 恐らくキーマンは早川そして村井でしょう。麻原はただの御輿だったのかもしれないが、何も知らないということはありえない。ご存じのように村井はマスコミの面前で殺されました。見事なプロの仕事です。そして刺した犯人は結局背後関係を守り抜いた。当時、さまざまな勢力とのつながりを書き立てたマスコミも今や沈黙したままです。ちょっと調べれば今おきている事件との関連も出てきそうなのになあ。



 早川はしばしば北朝鮮に出かけていたとされている。これはつい先日当時の政府の中枢にいた人物からも確認できました。中国にも、ロシアにも頻繁に行っていた。あちらの軍の物資を闇に流す勢力とコンタクトがあったからいろいろと妙なものを買うことができたのです。



 ルートは3つあった。中国の軍閥ルート。そしてロシアマフィアルート。最後が北朝鮮ルート。これらがどうお互いに繋がっていたのかはわからないが、昨今の相互の行き来を見ていると、かなり近い関係にあると見える。政府どうしが、ではないですよ。軍やマフィアは党や政府なんぞ無視してテーブルの下で手を握りあっているんですから。



 当初警察は、外国勢力の関与については、ロシアルートを突破口にしようとしていたようです。ロシアに捜査員が派遣されるという計画も現実にあった。ところがそれが突然中止される。官邸がストップをかけたというのです。官邸とは村山政権ですね。社会党だ。彼らをロシアが脅すのはわけもなかった。ロシアというよりも旧ソ連の情報機関が握っている、日本国内、特に社会党内のスパイの名簿を出すぞと言えばいいのですから。ぎゃふん、てなもんです。あっという間に、ロシアルートの解明は潰されてしまった。



 と同時に嫌な事件がおきます。ロシアの下院のオウム問題調査委員会の委員長が「交通事故死」するのです。これでロシアのつながりのあった勢力は国内外からの捜査の手を潰すことに成功しました。



 同様なことはあとの二つの国のルートでも行われたと考える方が自然でしょう。なにしろ表の外交でも恫喝されて土下座を繰り返しているんですから、闇の暗闘では相手ですらなかったに違いない。



 断片的な情報はいくつも出てきましたよ。誰もがすぐ思い出すのが、国松警察庁長官の狙撃事件でしょう。北朝鮮の臭いどころか、北朝鮮そのものの関与がうかんだ。しかし、妙な「実行犯」が名乗り出たがためにすべてがうやむやになったのはご存じの通りです。



 もっと「ツウ」な情報もあった(笑)。金丸信の自宅にガサが入った時に金庫の中にあった金の延べ棒。刻印のないインゴットだったそうですが、これの成分がオウムのサティアンの中から押収された金塊と一致したというのです。金丸のオウムの接点といえば北朝鮮しかない。今ならスーパーノートをつかませるんだろうが、当時は金だったわけですね(笑)。



 結局のところ3人の中ではもっともオツムが弱い麻原が法廷でポロリと重要事項を喋ることこそが、真の闇への突破口のわずかな可能性だったのです。それをみすみす裁判官が個人のイカリで潰しやがって(泣)。



 このほど、拉致問題で朝鮮総連の傘下の団体ははじめてのガサが入りました。オウム事件のころなら考えられなかったことです。タブーが打ち破られたことで、これからあの組織の中からさまざまな資料が出てくるでしょう。それをもういちどオウム事件と突き合わせることで、新たな展開が考えられなくもなかった。あるいは、北朝鮮の崩壊です。宮殿の奥から現れる資料にはオウムの文字があるかもしれない。それらを活用するためには、まだ麻原は生かしておいた方がいいのです。



 つながっているかもしれないと思われるもののほんどは実際につながっているというのが、現場にいた私の経験から来る信条です。それを言うならライブドアと背後もそうだ。しかし、この国に司直は結局何ひとつ解明できてこない。法の番人たる裁判所がこのありさまでは絶望的というほかはない。やはり、国家としての新しい独立性のある情報機関を持つしかないのかもしれません。





 週に1、2度は必ず大阪に来ているわけですが、タクシー業界の闇はますます深くなっていますな。顔が知られてしまうようになったので、私と知ると運転手さんが話す話す。聞きたくないと耳をふさいでも話す(苦笑)。



 最近、車内が臭う車が増えたのは、中で寝泊まりしている運転手が多いからだそうです。家がないわけではなく、夜明けにキタやミナミでホステスを拾うべく待機しているらしい。しかし、そうやって長距離をつかまえても、なにしろ5000円越えた分は5割引き。帰りの高速代を自分で払うと、もうけはきわめて少ない。だからまた徹夜で客待ちをするのだという。



 「そんな生活しとって、身体にええわけがない。ワシが知っとる範囲で、一月で二人死にましたわ」とある運転手。こちらは病死らしいが事故死も急増している。高速で送ったあともう一本なんとかつかまえようと、猛スピードで戻る。その途中で事故るのだそうです。もちろん、すべて労働基準法違反。なのに日本一遵法精神が低い大阪では、取り締まられないらしい。「基準法守っているのはほんの数社とちゃいますか」。



 経営者は車を増やして全体の上がりを確保すればいいので痛くもかゆくもない。運転手だけが疲弊して死んで行くのです。疲れた運転手が転がしているのは、送った帰りの空車だけではない。あなたが乗ったそのタクシーかもしれない。乗ったまま事故るかもしれない。



 大阪では私は、タクシーの会社名を見て、労働基準法を守っている会社に乗るようになってきました。小泉さんの規制緩和とやらのせいで、これからあらゆる業界でこうした身を守る「自己責任」が拡大していくんだろうなあ。
[PR]

by kissyouten2006 | 2006-03-29 20:26 | ポリスジャパン勝谷
2006年 03月 24日

元外交官・原田武夫の『騙されない日本人のための投資戦略』

第2回 日本の相場は9月まで? 2006年3月24日 (第1、第3金曜日更新)

 まもなく主が変わる?首相官邸 最近、マーケット関係者のなかで徐々にささやき始められたことが1つある。もちろん、新聞やテレビといったメディアは絶対におおっぴらには語れないことだ。――「今年9月以降の日本の相場は分からない」
 では9月に一体、日本で何があるのかといえば、ずばり「小泉退陣」だ。2001年から総理大臣として勤め上げてきた小泉総理がいよいよ勇退する(ことになっている)。その後の日本はどうなるか分からないから「マーケット的には売り」というわけだ。
 さて、この件について、「勝ち残りたい個人投資家」としてはどう考えるべきか。 まず、「本当にそうなるかどうか」は別として、マーケットの中でささやかれている以上は、そうしたことを前提とした「リスク回避プラン」を立てておくべきだろう。 つまり、少なくとも今年1年分として予定していただけのもうけを、今年9月までに得られるよう、投資計画を見直しておくことだ。相場はまだ始まったばかりで、外資ファンドに恒例の「3か月おきの売り買い」の法則を見ても、あと2、3回はチャンスがある。
 もっとも、同じことをやがて皆が考え始めるだろうから、我先にと投資が行われる結果、相場は過熱気味になるかもしれない。「値段が上がると不思議と買いたくなる」のが株の魔力だから。ついつい「秋過ぎまで大丈夫」とタカをくくりかねない。だからこそ、しっかりと手帳に「9月までに売り抜ける」と赤ペンで書いておこう。
 ポスト小泉の総裁選のなかで、いろいろな主張がなされ、その度にマーケットも反応するかもしれないが、少なくとも総裁選直前までは上昇気流だと心得、それまでに逃げ切ることをしっかりと考えること。
 くれぐれも、コイズミ流の「劇場政治」に惑わされることのないように。辞めた総理は個人投資家の懐をもはや暖めてはくれないのだから。
 もっともファンダメンタルズから見たとき、「日本は買い」であるという状況に変わりはない。現に外国人たちは、気が短くてデイトレに励む日本人たちを尻目に、5年越しの長期プランで一攫千金のための投資を今年の始めから行っている。
 9月の「コイズミ・ショック」は1つの通過点にすぎない。だからこそ、「9月に何かある」と心得ておきたいものだ。 カモにされるのは、そのことを知らない日本人だけなのだから。
[PR]

by kissyouten2006 | 2006-03-24 13:03 | 原田Yahoo
2006年 03月 10日

元外交官・原田武夫の『騙されない日本人のための投資戦略』

第1回 ライブドア・ショックの教訓 2006年3月10日 (隔週金曜日更新)

六本木ヒルズ いまだオトソ気分に浸っていた日本のマーケットを襲った「ライブドア・ショック」。 真実が明らかになるには、さらに時間が必要だろうが、「勝ち続けたい日本の個人投資家」として、そこから学んでおきた
いことが1つある。 それは投資で勝ち続けるには、マーケットだけ見ていればよいというわけではないことだ。むしろマーケットで勝ち続けるための情報は、マーケットの外にあるということ。――それを教えてくれたのが、
「ライブドア・ショック」だったのである。

 憶測を極力排して「事実」を積み重ねていったとき、今回の出来事から読み取れることは、「政治と経済は表裏一体」ということに尽きる。そして今年の日本には9月に「小泉総理の退陣」という、すでに目に見える山場
が控えており、そういう意味で「政治の季節」真っ只中にある。

 政治の動き1つ1つと、今回の「ライブドア・ショック」をめぐる出来事とを丹念に突き合わせていき、そして検証していくことが、第2、第3の「ライブドア・ショック」に向けて、個人投資家がおこなっておくべき最大の課題なのであろう。 もちろん「政治の季節」が吹き荒れているのは日本だけではない。米国では今年11月に中間選挙が控えているが、早くもブッシュ共和党政権の苦境ぶりが報道されている。また、米国の隣国たちである
中南米でも大統領選挙などが相次ぐ予定だ。一方、アジアはというと例えば2007年には韓国で大統領選挙がある。 世界中が大きな「政治の季節」に巻き込まれつつあるといっても過言ではない。そして選挙には「カネ」がいる。もちろん不法なカネという意味ではなく、人件費といった意味だ。
 
では、一体そのカネはどこからやってくるのか。それはマーケットからである。 マーケットは「政治の季節」の中でますます活況となっていき、とりわけ日本のマーケットが「買い」であることは世界中の投資家たちが
知っていることだ。そこで資金調達をしない選挙参謀がいるだろうか。

 「ライブドア・ショック」は、そうした世界中の「政治の季節」の始まりと、政治と経済との絡み合いを、まざまざと教えてくれる出来事だ。そのことに気づいた順に、個人投資家としての番付が決まってくるとい
うこと。これがこの「ショック」の教訓といえるだろう。
[PR]

by kissyouten2006 | 2006-03-10 11:08 | 原田Yahoo